エピスコパル教会とは

エピスコパル教会は聖公会の教会です


聖公会(せいこうかい、英語Anglicanism, Anglican Church)は、イングランド国教会 (Church of England) の系統に属するキリスト教教派。「聖公会」とは聖なる公同の教会(holy catholic church)という意味であり、1887年から日本で、その後朝鮮・中国でも用いられるようになった名称である[1]

聖公会は自らを、西方教会におけるカトリック教会プロテスタントの中間として位置づけ、そのことから「中道(Via Media)」の教会であると自認している(系統概略図も参照)[2]。ただし、カトリック側の司祭によれば「(聖公会自身は)ローマ教皇の教権と統治に逆らった点でプロテスタントであるが、使徒継承の信仰と伝統を護持する点でカトリック教会であると」しているが、他のプロテスタントに比べるとカトリック教会に近いとはいえ、プロテスタントである[3]、としている。

世界各地にある聖公会の諸教会の世界的連合を、アングリカン・コミュニオン (Anglican Communion)という。アングリカン・コミュニオンはイングランド国教会を母体とし、カンタベリー大主教の指導的地位を認めるが、裁治権はカンタベリー大主教にはない。聖公会の教会組織は、国家ごとに独立して自治を行う形態をとっている[4]

系統概略図

キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図。更に細かい分類方法と経緯があり、この図はあくまで概略である。プロテスタントから見た場合はカトリックからの枝別れではなくその時点での新生ととらえる。

聖公会、プロテスタント諸教派、アナバプテストの系統概略

脚注

  1. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』609頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  2. ^ 日本聖公会 東京教区 Q&A
  3. ^ 出典:ホセ・ヨンパルト『カトリックとプロテスタント-どのように違うか-』サンパウロ、1968年、1.その歴史の違い P.42
  4. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』54頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版

転載元

「聖公会」,「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」, <https://ja.wikipedia.org/wiki/聖公会>, 2018年11月5日03:55(UTC)更新, (閲覧2018/11/26).
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスの下で利用可能です.

参考

日本エピスコパル教会(TThe Japanese Episcopal Church)は世界アングリカン教会(The Worldwide Anglican Church)の日本管区であり「日本聖公会(The Nippon Sei Ko Kai)」様とは同教派・別教団の教会です。

日本エピスコパル教会はアングリカン・コミュニオン(Anglican Communion)に属さない聖公会の教会です。